2008年10月30日

WILLCOM 9使ってみて

さてさて、しばらくWILLCOM 9を使ってみて気がついたことを書いてみましょう。旧9(nine)を使用している人向けレビューです。

まずは形。折りたたんだときは凄く小さくてよいです。9(nine)より小さいのでポケットでもかさばりません。厚みは増えましたが実際使い出すと気にはなりませんでした。

色は黒ですがやはり指紋が目立ちますね。つや消しブラックではないので余計目立ちます。わかっていたとはいえやはりちと気になります。

インターフェースは9(nine)とほとんど変わっておらず、ガジェットを使わなければキビキビした動作でストレスもたまりません。やはりこれは大きなポイントですね。ただしネットフロントが絡むブラウザやメーラーは少しもっさり感があります。ブックマークが表示されるまでに時間が少しかかったりと少し残念です。

今までと違っているインターフェースと言えばソフトキー。右ソフトキーの割り当てがJAVAアプリ固定になってしまっていたり、待ち受け画面で下キーを押すとパーソナルメニューが出るなどキー操作に若干戸惑いを感じます。

ブラウザ周りはネットフロントのバージョンが上がって若干見た目等が変わってます。リストボックスの行の境目にラインが入ったりと使い勝手は上がってます。またレンダリングスピードが上がって表示速度は9(nine)と比べるとページの表示がぱっと出て気持ちがいいです。またソフトキーを消してその分表示領域を増やした全画面表示がついていて気持ち広い画面でブラウズできます。

液晶にはまだ違和感があります。色味が薄れた感じでなんかもの足りません。明るさは申し分ないんですがコントラストが出せてないみたい。ここが一番不満な点かな。

電池のもちは1年半使っていた9(nine)で2日持つか持たないかだった使い方でも2日半使ってもメーターが一つ減るくらいでもちは悪くないみたい。これは大きいですね。というより9(nine)はこれが不満で変えようと思ってたのでこれは満足です。

以上こんなところでした。


JAVAアプリが使えることによってiMonaという2ch専用ブラウザが使えるようになった点も大きいです。GZIP圧縮対応なのでパケット代節約にもなるしで一石二鳥。ちと使いづらい部分もあるけど現状これで十分です。
posted by たか1st at 20:33| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ウィルコム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。